事例紹介

自治体

堺市役所様

問い合わせ件数が20%削減!
納税通知書の帳票改善

帳票改善

ユニバーサルデザイン

課題・経緯

税務部署ご担当者様では、市全体で取り組んでいるユニバーサルデザインを納税部門にも取り入れ、誰もが見やすく分かりやすいデザインにしたいとの改善希望がありました。

施策概要

これまでの帳票は「単色」、「文字が小さい」、「サイズも小さく(定形封筒サイズ)どうしてもページ数が増えてしまう」といった課題がありました。

<改善例>

  • 紙面をA4サイズに変更。同封される振替払込請求書とはサイズ・色を明確に区別しました。
  • 文字サイズも大きくし、UDフォントに変更しました。
  • フルカラーにして、色による導線で説明箇所を示すように改善を実施。
    色弱者の方にも分かりやすい色彩を採用しました。
  • 納税通知書に納税者ごとの条件に合った説明文を明記。これまで個別に封入していたチラシが不要となりました。
before
After
結果

問い合わせ件数が20%削減!
分かりやすい帳票に改善されたことで、問い合わせ件数が20%削減され、納付率も1~2%※向上しました。また、住民の方々の窓口への訪問や電話での質問が減少したことは、住民サービスの向上につながったといえます。
※期限内の納付率であり、他要因とあわせた実績結果

お問い合わせの後の流れ
お問い合わせの後の流れ

記事についてのお問い合わせ・ご相談はこちら

※コーポレートサイトに移動します。