事例紹介

自治体

宇都宮市様

受診率向上!
健康診査受診はがきの改善

DM改善

ヒューリスティック評価

課題・経緯

宇都宮市では、市民に無料で健康診査やがん検診などを受けられる受診券を圧着ハガキで送付していますが、検診日まで保管されず捨てられてしまい、受診率が思うように上がっていませんでした。
また、問い合わせが保健所に多く入ってしまうという課題がありました。

施策概要

ヒューリスティック評価を行い、DMの課題点を洗い出しました。そこから、「このDMがどこから来たものなのかや、2つの検診項目があることが分からない」「重要な情報やメリットとなる情報が埋没してしまっている」など、DMの内容が理解されていない可能性があることが分かりました。
そこで、市章と“宇都宮市からの~”という文言をハガキ上部に入れることで、市からの公的なお知らせであることを明示。2つの検診項目はそれぞれフォーマットを整え、テーマカラーを設定することで2種類あることを明確にさせました。埋没していた情報は周囲とのメリハリをつけ、必要な箇所を強調することで分かりやすく、伝わりやすいものにしました。

before
After
結果

健康診査・がん検診の受診率6%の引き上げに成功!
改善の結果、検診受診者数が6%向上。第三者認証機関であるユニバーサルコミュニケーションデザイン協会の「伝わるデザイン」認証を取得して、分かりやすさのお墨付きをいただきました。

お問い合わせの後の流れ
お問い合わせの後の流れ

記事についてのお問い合わせ・ご相談はこちら

※コーポレートサイトに移動します。