事例紹介

金融

横浜銀行様

嗜好性別に広告を出し分けて効果は約4倍!
ATM画面のテストマーケティングを実施

フォームズクリエビ

Ugocus Engine

案件概要

横浜銀行様が実施されたATMプロモーションのテストマーケティングにおいて当社の嗜好性データベース「Ugocus Engine(ウゴカスエンジン)」が採用されました。
顧客の「金融志向」に基づくセグメントに対して、Ugocus Engineによる嗜好性を考慮した広告表現を行ったところ、通常比4倍のレスポンスを獲得しました!

デザイン制作の考え方
課題と経緯

顧客のタイプにあったデザインをつくるには?
横浜銀行様は、さまざまな顧客接点から得られる情報を分析し、各顧客のニーズに合致した商品・サービスの提案を行う「オムニチャネル・マーケティング」の実現を目指されています。
今回実現に向けた取り組みの1つとしてATMプロモーションに関するテストマーケティングを実施されました。

テストマーケティングの目的は、顧客のタイプごとに異なる広告を出し分けることによる効果の検証です。
横浜銀行様が顧客の「金融志向」を推定し、4つのセグメントに分類。このセグメント別にATM上で広告を出し分け、資料請求数にどの程度差が出るかによって検証したいとのことでした。

顧客の金融志向にあったデザインの広告を表示したいという課題に対し、当社が独自開発した嗜好性データベース「Ugocus Engine」を提案したところ、横浜銀行様のご要望と合致しご採用いただくことになりました。

施策内容

金融志向を反映した嗜好性に基づくアプローチ
横浜銀行様が設定された4タイプの「金融志向」セグメントに対して、Ugocus Engineの嗜好性セグメントとのマッチングを行い、それぞれの嗜好性に合う広告を、2商品✕4パターン=計8種類制作しました。

例えば同じ商品の広告でも、キャッチコピー、色使い、イラストタッチ、フォントを変えることで、全く違う4パターンの広告が出来上がります。(図2) その変化の原動力となるのがUgocus Engineの嗜好性データベースです。

(図2) 嗜好性別のデザイン

テストマーケティングは2016年8月中旬〜9月末の期間に実施され、対象の顧客のATM画面上に合計1万回以上表示して資料請求数のカウントを行いました。その結果ある商品において、従来の広告と比較してUgocus Engineを活用して制作した広告の方が約4倍の資料請求数を獲得することができました。また嗜好性ごとの広告の訴求効果についても、多くのセグメントで優位性を確認することができました。

施策のポイント

デザインも脳科学に基づいて制作!
ATMプロモーションは顧客が操作をしている間の数秒〜十数秒しか表示されないため、限られた時間の中でコンバージョンまで誘導するためにはアテンション(注目)と視線の動きが重要になります。

今回制作した広告には全て人物か動物のイラストを入れ、シミュラクラ効果(※)によって最初の視線を左上に集めています。そこから右上→左下→右下と「Z」の順番で視線が流れるように情報を構成し、資料請求ボタンまで効率的に誘導できるようなレイアウトで制作しています。(図3)

(図3) 視線の誘導

このようなノウハウはLABOLIS独自の脳科学実験によって体系化されたものです。嗜好性や脳科学など独自性のある当社ソリューションにより、今回のテストマーケティングを効果的に実現することができました。

※シミュラクラ効果=人の顔に近いレイアウト構造や顔写真(または顔に近いもの)があると、そちらに注意がいってしまうという脳科学実験に基づく効果。当社が提供するクリエイティブソリューション「フォームズクリエビ」でも同効果を活用している。

ご担当者様
コメント

私たちはデータベースマーケティングを担当する立場から、これまで「お客様をよりよく理解すること」を心がけ、さまざまな取り組みを進めてきました。
この顧客理解を「お客様にとってより分かりやすく受け入れやすいプロモーション」という形で昇華させる際に、トッパンフォームズ様のノウハウが非常に有効でした。
例えばこのお客様はお金を大切にしたいという「倹約志向」をお持ちだと分かった際にUgocus Engineを通じて「信頼感と清潔感を強調したキャラクター」と「手数料がお得というメッセージ」を表現することで、お客様にとっても受け入れやすいメッセージを打ち出せるようになりました。
これからもお客様に寄りそった金融機関であるために、きめ細やかなプロモーションのお手伝いをいただけることを期待しております。

お問い合わせの後の流れ
お問い合わせの後の流れ

記事についてのお問い合わせ・ご相談はこちら

※コーポレートサイトに移動します。