お知らせ

2016.06.09

【LABOLIS サイエンス・サロン】 ストレスと脳に関する勉強会『折れない脳の作り方』を開催

2016年4月28日(木)、LABOLISにて、ストレスと脳の関係について学ぶ勉強会が開催されました。

IMG_4322s

当社の脳科学実験などの監修者であり、脳科学者で難聴や耳鳴りが専門の現役医師でもある中川雅文医学博士(国際医療福祉大学病院教授)を講師にお招きし、社内外の10名ほどが参加しました。近年話題になっている「レジリエンス」をキーワードにストレスと脳について学ぶ機会となりました。

普段疑問に思っている
・良いストレスと悪いストレスってあるの?
・脳は男女や年齢によって違うの?
・ストレスに強い人とそうでない人がいるの?
といった俗説の間違いやストレスと脳についての医学的な知見、ニューロサイエンスの最新動向なども交えた、アカデミックでフレンドリーな勉強会となりました。

中川雅文医学博士

中川雅文医学博士
名称 : 『折れない脳の作り方』
内容 : ・ストレスとは何か?
     ・ストレスを感じている脳では何が起きているか?
     ・ストレスへの正しい対応の仕方。
     ・ストレスの認知の違いや行動の違い。
     ・レジリエンスという概念をどうとらえるか?
講師 : 中川 雅文 医学博士(国際医療福祉大学病院教授 耳鼻咽喉科部長)
会場 : LABOLIS(トッパンフォームズ 汐留本社)

LABOLISでは、今後もさまざまな社会テーマについて、<サイエンス・サロン(Science Salon)>として懇談会形式の勉強会やワークショップを開催し、最新科学技術やコミュニケーションに関係する情報を収集していきます。

ニュースリリース:「年配層は縦書きだと読みやすく、高い関心を持つ」脳血流と視線の計測から見えてきた世代ごとの情報認知の傾向
ニュースリリース:「パーソナライズされた情報に、人は自然に関心を持つ」 ダイレクトメールに関する脳科学実験で確認