Direct!トレンドビュー

2017.10.11

視界に入るとつい読んでしまう! マンガ活用DM[DMライブラリレポート22]

「特に興味はないけれど、マンガだからつい読んでしまった」

 通常のダイレクトメール(DM)やパンフレットなら興味がなければ一瞬でスルーしてしまいがちだが、マンガ形式だとつい最後まで読み切ってしまうことがある。商品やサービス、キャンペーンの説明を写真とキャッチコピーの連続で説明されるよりもマンガという物語で見せられる方が自然と頭に入りやすいのかもしれない。
 今回はそんなマンガをDMに活用しているいくつかの事例をご紹介する。

①ブランドイメージと絵柄を近づける−ポップなカーディーラーマンガ


(図1)開封誘導にマンガを活用
 1つ目はカーディーラーのA4サイズの大判圧着DMである。宛名面にマンガが描かれていてアメリカンポップな絵柄の美男美女が派手な擬音と共にオーバーリアクションのポーズをとっている。カーディーラーがこの絵柄を選んだのは「セクシーな大人の男女と車」イメージを活かせるからだろうか? イケメンが「イベントへ行ってみないかい?」と語りかけ、爆発型吹き出しの中にオファーが描かれていて、ビビッドでポップな作画である。
 マンガ部分は表紙のみで中面を開くとごく普通の車の案内カタログであったので、開封誘導としてマンガのインパクトをうまく活用している事例と言える。

②使えるおトクなポイントを要約−クレジットカードサービス案内DM


(図2)ポイントをマンガで分かりやすく
 2つ目はクレジットカード会社からの入会案内DMである。大判巻折りのこちらはアパレル店と提携しているクレジットカードの新規入会者向けに送付されている。カードの入会説明と言えば一般的に敬遠したくなる難しい内容の連続だが、そこを見出しにマンガを活用することでせりふからポイントとなる内容が分かるような作りになっている。

 またこのDMのマンガは描き起こしではなくあるフリー素材を使用しているのも大きな特徴である。吹き出しの中身だけをオリジナルにしているため「あのマンガを使うとは面白いな」と興味を引くきっかけになりそうだ。

③同業他社の一歩先へ−就職説明会DM


(図3)注目を集めるアイキャッチとしてのマンガ
 3つ目は医療関係の合同就職説明会案内のA4ペラDMである。送り主は合同就職説明会に出展する一社である。就職活動に悩む学生にイベントに行くメリットをマンガで分かりやすく伝えている。説明会案内のような集中した期間に大量に受け取るDMでは「目に留まる」ことが最も重要であり、整ったレイアウトのDMが多い中、マンガは力強いフックとなりやすい。

 DM全体はフルカラーだが、作画はマンガである事を意識してかモノクロ一色でまとめている。

④月額料金見直しをおすすめ−通信会社DM


(図4)ストーリー仕立てでサービスを紹介
 4つ目は通信会社から回線申し込みを促すDMである。形式はA4サイズの巻き三つ折の圧着DMで宛名面から5ページを使用してストーリー仕立てのマンガとなっている。

 主人公が持っているオシャレアイテムを友人たちがうらやましがると、通信会社のショップでもらったという。主人公はショップで契約内容を見直すと面倒な手続きなしで費用が安くなったことをグラフで説明する。さらに特定の支払い方法にするとポイントが貯まりさらにおトクになると伝え、冒頭のオファーで来店を促す。
 最後にこのDMのポイントを箇条書きでまとめている。③同様、通信もサービスが複雑で分かりにくいため、マンガでの分かりやすい解説が効果を発揮しそうだ。

⑤老舗が続ける定番マンガ−通信教育DM


(図5)定番の成功ストーリー
 最後にご紹介するのが通信教育大手企業からのDMである。A4サイズの箱型封筒に多くのブロシュアと共に送られた内の一冊がマンガになっている。主人公が学校生活と学業を両立し受験を乗り越える話だが、この会社は長年同じ内容のマンガを発信し続けておりマンガDMの老舗と言える。同じような内容でも発信し続ける姿勢はDMにおいて重要であり、また効果があるからこそ継続できているのかもしれない。

 以上マンガを活用し5つのDMをご紹介した。開封を促すために使っているもの、難しい商品を分かりやすく説明するもの、親しみを持ってもらえるものなど、一言でマンガと言っても目的ごとに活用方法はさまざまであった。せっかくならば最後までマンガのキャラクター性や物語性を活かして丁寧に構成できれば、さらに完成度の高いDMに仕上がりそうだ。

DMライブラリとは
生活者モニターの自宅に送付されたダイレクトメールを収集した施設(ライブラリ)です。
※DMライブラリで収集したDMは著作権の関係上、実物の画像を掲載できません。実物をご覧になりたい場合は、ぜひLABOLISへお越しください。(LABOLISへのご来場は事前予約が必要です。お問い合わせページよりご連絡ください。)

関連事例・調査レポートダウンロード

  • DMライブラリ2016年度統計資料
    DMライブラリ2016年度統計資料
    DMライブラリに2016年度集まったDMの統計情報をまとめました。

    PDFをダウンロードする




お問い合わせの後の流れ
お問い合わせの後の流れ

記事についてのお問い合わせ・ご相談はこちら

※コーポレートサイトに移動します。