お知らせ

2018.10.01

DMA国際エコー賞の審査員として、当社から2名が参加しました



 米国データ&マーケティング協会(DMA)が主催する世界最高峰のダイレクトマーケティングアワード「DMA国際エコー賞」の審査が7月26日から8月16日に行われました。

 当社からは企画販促本部LABOLIS推進部企画第一グループマネージャーの松田 憲之と、同デザイン開発部コミュニケ-ションデザイングループ担当課長の樋口 和清の2名が一次審査員として参加し、それぞれ「CONTENT部門」「ART DIRECTION部門」などの審査を担当しました。

 今年の受賞作品は、10月8日に米国ラスベガスにて開催されるDMA年次大会「&THEN」において発表されます。

米国データ&マーケティング協会(DMA)
DMA国際エコー賞

DMA国際エコー賞とは

 DMA国際エコー賞は毎年世界各国から1,000近い応募があり、DM以外にもWebサイト、テレビ、SNSなどさまざまなメディアを活用したキャンペーンが審査の対象となります。クリエイティブだけでなく、マーケティング戦略とレスポンス結果を重視した審査基準の下、1年間で最も優れたダイレクトマーケティングキャンペーンを決定するアワードです。

 当社は2015年にシルバー賞と優れたダイレクトメールに贈られる特別賞「USPSゴールドメールボックス賞」をダブル受賞しました。

ご参考:トッパンフォームズ、2015 DMA国際エコー賞でシルバー賞、USPSゴールドメールボックス賞をダブル受賞

(所属、役職は当時のものです)