Direct!トレンドビュー

2019.03.25

比較検討のための情報ぎっしりDM[DMライブラリレポート46]

 リピーター向けのダイレクトメール(DM)の中には、カタログのように同一カテゴリの商品・サービスを一覧で並べているものがある。一見このような見せ方は情報が多すぎて読む気を失いそうに思える。しかし、一覧性があり分かりやすく構成されていれば、比較検討がしやすいとも言える。特に自分の興味のある商品・サービスであれば「自分にとってどれが必要でお得か?」をじっくり比較検討できるという点で好ましいと言える。

では具体的にどのような情報をどのように見せているのだろうか?一覧性のある、情報がぎっしり詰まったDM事例をご紹介する。

たくさんの商品の中から比較検討

こちらはコーヒー通販会社からのZ折圧着はがきDMである。
(図1)コーヒー通販会社のDM

一口にコーヒーの商品と言っても「お得な大容量」「数種類を少しずつ試せるセット」などさまざまな商品が用意されている。似た商品が大きなカテゴリでまとまっているので、ユーザーは自分にあった商品を選択することができる。たくさんの商品が掲載されているので、ユーザーも「いつも買っているセットとは違うものを試してみようか?」と比較検討しやすいだろう。

種類で分類してすっきり!

次にご紹介するのはコンタクトレンズ店からのZ折圧着はがきDMで、内容は季節のセール案内である。
(図2)コンタクトレンズ店のDM

1日の使い捨て商品や2週間タイプのもの、カラーコンタクトレンズやハード・ソフトレンズなどコンタクトの種類別に載っており、DM価格と1年分のまとめ買い価格が記載されている。コンタクトレンズのような毎日使う消耗品は、セール時にまとめ買いすることも多い。たくさんの情報が詰め込まれていても、きちんと分類されていれば分かりやすく比較しやすい見せ方と言えそうだ。

お勧めや条件から選択

最後にご紹介するのは、カー用品店からの大判圧着DMで、内容は季節のセール案内である。
(図3)カー用品店のDM

冬季セール(11月~12月)の案内で、アルミホイールとスタッドレスタイヤのセットを大きく取り扱っている。金額だけでなくタイヤサイズと推奨車種も記載されているので、ユーザーはどれを選べば良いか検討しやすい。また、カーナビ部分では搭載機能をアイコンで示しているため、機能と金額を比較しやすくなっている。

以上のように多くの情報が掲載されているDMは、時として受け手に不親切なものとなってしまう場合がある。しかし、すでに信頼関係を築いているリピーターであれば、自社紹介や商品コンセプト紹介は不要である。だからこそユーザーが求めている情報だけを一覧性をもってたくさん届けることもニーズに応じていると言えるだろう。

本記事でご紹介したDMを実際に手に取ってご覧になれます!
(著作権の関係上、実物の画像を掲載しておりません)


【見学無料・完全予約制】
「DMライブラリ」ではLABOLISが15年かけて収集した約5万点のダイレクトメールを業界別に収蔵しています。ご見学は無料ですので、ぜひお越しください。


※コーポレートサイトに移動します。
【ご入力必須事項】
入力フォーム最下部のお問い合わせ内容入力欄に以下をご入力ください。
●「DMライブラリ見学希望」
●ご覧になりたいDM
※内容によってはご希望に添えない場合がございますのでご了承ください。
●ご希望の見学日時と場所
※受付時間 10:00~17:00(土日祝祭日及び弊社休業日を除きます。)
※予約状況の関係上、ご希望に添えない場合がございますのでご了承ください。
※拠点一覧はこちらをご確認ください。

追って担当者からご連絡いたします。ご予約お待ちしております。

関連事例・調査レポートダウンロード

  • DMライブラリ2017年度統計資料
    DMライブラリ2017年度統計資料
    DMライブラリに2017年度集まったDMの統計情報をまとめました。

    PDFをダウンロードする




お問い合わせの後の流れ
お問い合わせの後の流れ

記事についてのお問い合わせ・ご相談はこちら

※コーポレートサイトに移動します。