Direct!トレンドビュー

2020.01.27

QRコードの普及はDM紙面にも~2018年度DMライブラリ統計より~

 DMライブラリでは、2001年より郵送のダイレクトメール(DM)の収集を始め、今では約6万点のDMを所蔵している。前回(2017年度)同様に、2018年4月~2019年3月で集まった約3000通のDMについて、今回も見てみたい。
 
※DMライブラリでは毎年モニターを一新しているため、年度によって多少の偏りが出ることをご了承いただきたい。

 

じわじわと、はがき料金値上げの影響か


(表1)業界別DM通数(表1)業界別DM通数

   2018年度に収集したDMの総数は3034通。例年通り「小売」業界の数が突出して多く、2割を超えている。2位以下は「食品・健康食品」業界、「化粧品・トイレタリー」業界となだらかに続いている。


(表2)形状別DM通数(表2)形状別DM通数

  形状別の割合は例年とおおむね同様の割合であった。ただ、「はがき形状」と「封筒」の割合を比較すると、ここ3年は「はがき形状」の方が多かったのに対し、今回は「封筒」の割合が「はがき形状」よりも多くなっている。増税により郵便料金が値上がりするなら少しでも情報量を多く載せられる形状へ、と移行してきたのかと思われる。

封筒の素材や送り方は内容に応じて変化



(表3)DM送付形態(表3)DM送付形態
   送付形態を見てみると、「定型封筒」はメール便で送られることも多い。注目したいのは、封筒の素材によってメール便の利用率が大きく異なる点だ。特に紙封筒を多く利用しているのは「金融」と「公共・その他」の業界である。重要な情報は「紙」の封筒を用いて「郵送」で送るが、そうでない場合は「フィルム封筒」を用いたり「メール便」で送ることが多い、という推測ができる。

Webアクセス方法はQRコードが定着



(表4)DMのレスポンス方法(表4)DMのレスポンス方法

   レスポンス方法としては、「電話番号」と「Web」の記載がそれぞれ7割を超えている。特に「Web」の記載についてはQRコードの掲載が増加傾向にある。2年前は約半数だったことと比較して、今回は8割弱のDMにQRコードが掲載されている。
   以前実施した「DMに関する調査(2017年度)」を見ても、DMに記載されたWebサイトへのアクセスに当たり、「QRコードを利用する」という回答が年々増加している。
   2017年9月にリリースされたiOS11以降、iPhoneでも標準カメラにQR読み取り機能が備わったり、各種QRコード決済が普及してきたりと、生活の中でQRコードと接触する機会がより増加していることも影響しているのだろう。

   形状や送付形態は、どうしても企業の都合が大きく影響してしまう。けれど、内容やデザインに関しては、受け取り手目線に立って次の行動を取りやすいようにいくらでも工夫することができる。Webのアクセス方法もテクノロジーによる生活環境の変化に応じて日々変化しており、それに合わせてQRコードを記載する流れに変わってきたということだろう。
   DMも、外部環境の変化に合わせて進化させていく必要がある。“以前の結果が良かったから”という過去の踏襲だけではなく、DMを構成する「リスト」「タイミング」「オファー」「クリエイティブ」の要素が“今出すDM”として最適なものであるかを振り返る一助となれば幸いだ。

※QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

関連事例・調査レポートダウンロード

  • 「DMライブラリ」2018年度統計資料
    「DMライブラリ」2018年度統計資料
    「DMライブラリ」に2018年度集まったDMの統計情報をまとめました

    PDFをダウンロードする

 

<関連ページ>
2017年度DMライブラリ統計
DMはいつ送る?開封率とタイミングの関係性~2017年度DMライブラリ統計より~
2016年度DMライブラリ統計
はがきと封筒、開封率はどう違う?業界によって大きな差が~2016年度DMライブラリ統計より~
2015年度DMライブラリ統計
DMの開封率は約6割。重要なのは受け手と企業の関係性
他社のDMって見たことある?生活者にはいろいろなDMが届いている。

※QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

お問い合わせの後の流れ
お問い合わせの後の流れ

記事についてのお問い合わせ・ご相談はこちら

※コーポレートサイトに移動します。